トップ画像

摂食嚥下の訓練が受けられる訪問歯科

皆さんこんにちは。

はなみずき歯科です。

昨今、ご高齢で「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」という病気にかかる方が急増しています。

唾液や食べ物などを誤って気管への飲み込んだ際に発症する肺炎で、ときに命を奪うほどの重篤な症状を引き起こします。

当院の訪問歯科では、そんな誤嚥性肺炎を防ぐために、嚥下訓練などを行っております。

誤嚥する原因とは?

唾液や食べ物などを誤って気管へと飲み込んでしまう「誤嚥」は、口腔機能の低下によって引き起こされやすくなります。

具体的には、喉の周囲の筋肉などが衰え、口の中のものを飲み込む「嚥下反射」が弱まることが原因となります。

ですから、訪問歯科では嚥下反射が正常に行われるよう、さまざまな訓練を実施します。

嚥下の訓練はとてもシンプル

嚥下反射を促す訓練というのは、それほど大掛かりなものではありません。

基本となるのは、口腔周囲の筋肉などをしっかり活動させることです。

頬を膨らませたり、すぼめたりするような嚥下体操は、いつでも好きな時に行えます。

もちろん、食事をする前に行うのがベストといえます。

その他、頭を上げて嚥下に係わる筋肉などを鍛える「頭部挙上訓練(とうぶきょじょうくんれん)」や、のどぼとけを人為的に引き上げて飲み込みやすくする「メンデルスゾーン手技」などは、少し専門的な内容になりますが、訪問診療時に受けることができます。

口腔ケアも重要

誤嚥性肺炎を予防する上では、訪問歯科における口腔ケアも欠かせません。

お口の中をきれいに保つことができれば、誤って唾などを気管に飲み込んでも、細菌が侵入しませんよね。

ですから、はなみずき歯科の訪問歯科では、口腔ケアもしっかり行っております。

まとめ

食事の際にせき込むことが多くなった、という方は、もしかしたら「嚥下反射」が衰えているかもしれませんので、まずはお気軽に当院までご相談ください。

ご自宅にて診察いたします。必要に応じて、摂食嚥下リハビリテーションも行います。

無料ご相談

「在宅の歯科診療について何を相談したらいいのかわからない…」在宅での歯科診療について分からない事はございませんか?
ご相談は無料で承っております。
お電話でも受け付けておりますのでなかなか周りにご相談できない場合もお気軽にお電話ください。

ご相談窓口:0586-64-8719


INFORMATION

診療科目:歯科・小児歯科

診療時間

休診日  日曜・祝日

◎ 木曜午後・金曜午後
15:00〜18:00
▲ 土曜
10:00〜12:30/13:30〜15:00

■はなみずき歯科
診療科目:歯科・小児歯科
(訪問診療・往診応需)
TEL:0586-64-8719
FAX:0586-64-8749
〒491-0838
愛知県一宮市猿海道1丁目4-5
地図を表示

pagetop